名物のだんべえ饅頭がおいしい!高崎市「風間堂」

私は、和菓子の上品な甘さと繊細な見た目が大好きです。
定期的に食べたくなるので、よく買いに行きます。
今回は以前から気になっていた「風間堂」さんにお邪魔しました。

創業約120年!昔から愛される和菓子屋さん

「風間堂」さんは高崎市新田町にある歴史ある和菓子屋さん。

創業はなんと明治31年12月だそう。
約120年ほどの歴史があるなんてすごいです。
それだけたくさんの方に愛されるお店なんですね。

高崎駅から徒歩約5分ほどの場所にあるのでアクセスも抜群。
駅に用事がある時に行ってみるのもおすすめです。

さて、さっそく店内に入ってみます。
美人な女将さんが優しく「いらっしゃいませ」と迎えてくれました。

店内はけっこう広々としています。

創業120年の歴史を感じる店内。これぞ和菓子屋さんという雰囲気です。

ショーケースにはたくさんの商品が並んでいるので、迷ってしまいます。

名物!だんべえ饅頭は地元民に大人気!

「このお店の一番のおすすめは何ですか」と聞くと、「だんべえ饅頭が昔から人気ですよ」と教えてくれました。

群馬の方言の「だんべえ」にちなんだこの饅頭はこのお店の名物なんだそう。
白色と茶色の2種類があります。
中身は変わらないそうですが茶色の方は皮に黒糖を使用しているとおっしゃっていました。

お店の外にでていた「いちご大福」の旗にも惹かれたので、いちご大福も注文。

和菓子たちを購入して、ルンルンな気分で帰宅しました。

さっそく購入した和菓子を実食です。
まずは、「風間堂」さん名物のだんべえ饅頭からいただきます。

あんこがおいしい!食べやすくて止まらないだんべえ饅頭!

だんべえ饅頭の大きさは、直径4センチくらいで、食べやすい大きさです。

中身はこんな感じ。

こしあんだけど、蜜漬けした白いんげんが入っています。
こしあんの繊細な甘さが絶妙でとてもおいしい。
蜜漬けされた白いんげんは、こしあんと相性が良く、他にはない特徴的なお饅頭の中身だと思いました。
皮はとても薄く、中身のあんこがしっかり楽しめるのですが、モチモチしていて、全体的なバランスがとても良くおいしかったです。
白皮、茶色い皮のお饅頭、どちらもいただきましたが、茶色い方はほんのり黒糖を感じました。

中身も重たくなく、小ぶりでかわいらしい大きさなので、何個でも食べれてしまいます。

お次は、いちご大福です。
いちご大福は和菓子の中でも大好きなので、あったら買わずにはいられません。

「風間堂」さんのいちご大福は、お餅に切れ目が入っていて、あんこといちごが見えています。
あんこはこしあん。いちごは酸味が強すぎず甘すぎず、あんことお餅と一緒に食べたときにしっかりマッチします。
お餅の皮は厚めですが、お餅の奥までしっかりあんこが入っていてとってもおいしいです。
しっかりとした食べ応えがありますが、おいしいので、こちらも何個でも食べれてしまいそうです。
(いちご大福は季節限定の可能性があります)

今回ご紹介した「風間堂」さんは、創業約120年というだけあって、だんべえ饅頭をはじめ、どの和菓子もとってもおいしかったです。
昔から地元民に愛される和菓子をみなさんもぜひ食べてみてくださいね。

名称:だんべえ本舗風間堂
住所:群馬県高崎市新田町1-8
アクセス:高崎駅より徒歩約5分
(JR高崎線、上越線、両毛線、八高線、信越本線、湘南新宿ライン、上越・北陸新幹線)
TEL:027-326-7811
営業時間:9:00~19:00
定休日:無休

エリア&駅

群馬県 高崎市 新田町 JR高崎線 高崎
JR上越線 高崎
JR信越本線 高崎