高崎だるま発祥の地!鼻高町「少林山達磨寺」「鼻高展望花の丘」を楽しむ

エリア&駅 群馬県 高崎市 鼻高町 
カテゴリー

群馬県高崎市の鼻高町は、高崎だるま発祥の土地と言われています。
今回は、発祥の中心地ともいえる少林山達磨寺、そしてそこから車で5分くらいのところにある鼻高展望花の丘に行ってきました。

高崎だるまで有名な鼻高町

高崎だるまは、群馬を代表する伝統工芸品のひとつです。そのため、鼻高町には、だるま屋さんが軒を連ねています。

高崎だるまのボディーは赤色、眉毛の形は鶴、鼻と口ひげは亀。日本の吉祥を表現した顔です。

どんな困難があっても起き上がる強さと忍耐力、安定感があることから、縁起だるまとして親しまれています。

縁起だるま発祥の「少林山達磨寺」

鼻高町には、だるま発祥の地といわれる黄檗宗禅寺の少林山達磨寺があります。

200年ほど前、浅間山の大噴火が原因で大飢饉が起きたそうです。それに苦しむ農民を救いたい、という強い思いから、少林山の9代目和尚が張り子のだるまの作り方を伝え広めました。これが縁起だるまのはじまりと言われています。

風情あふれる境内の階段を上までのぼった先にある本堂には、全国各地のだるまが集められており、圧巻の光景です。また、達磨堂や観音堂もあり、見応え抜群ですよ。

坂道の頂上にある花の丘へ

鼻高展望花は少林山達磨寺のある県道49号線を通り、坂道を少しのぼったところにあります。車で5分程度です。県道よりも少し道が細くなっているので、運転には気をつけてくださいね。

鼻高展望花の丘は高崎市の西側、鼻高町の丘陵地に位置します。周りより少し標高が高いので、高崎市街地や群馬の名峰赤城山、榛名山そして妙義山と上毛三山が一望できる抜群のロケーションです。

お天気がよければ、妙義山に沈む美しい夕日が見られますよ。

花の丘の中心部がこちらです。花畑の中心に看板があるのでわかりやすいですよ。丘一面の広い花畑には遊歩道があり、散策しながら季節の花を見られます。

ちなみにここは地元のNPO法人鼻高町をきれいにする会の方々がお手入れをしてくれており、なんと無料で花の観賞や散策を楽しめます。

四季折々の花が咲き誇る花の楽園

鼻高展望花の丘で見られる、四季折々の美しい花々をご紹介します。

まず、4月から5月にかけて菜の花とネモフィラが咲きます。黄色い鮮やかな菜の花と、儚いブルーのネモフィラが美しくコラボし、絶景を織りなします。

7月中旬から9月にかけてはひまわりが咲きます。時期をずらして植えているので、長い期間、夏の風物詩であるひまわりの花を楽しめます。

9月中旬から10月中旬には丘一面にコスモスが咲き誇り、秋の雰囲気を存分に楽しめるでしょう。

鼻高展望花の丘は、季節ごとに美しい花々を楽しめる花の楽園なのです。

また、花の見ごろを迎えるころには例年お祭りが開催され、花や地元の農産物などが販売されますよ。

農園・ベーカリーや牧場でグルメを堪能!

敷地内には、野菜直売所である希望の丘農園や、こだわりのおいしいパンを販売するベーカリーがあります。

花を観賞しながらお散歩、グルメも堪能できるので、自然の中でのんびりした時間を過ごせますよ。

ぜひみなさんも足を運んでみてくださいね。

少林山達磨寺
住所:群馬県高崎市鼻高町296
アクセス:JR高崎信越本線群馬「八幡駅」より徒歩約40分 関越自動車道高崎ICより約30分
電話番号:027-322-8800
営業時間:9:00-17:00
定休日:なし

鼻高展望花の丘
住所:群馬県高崎市鼻高町1400−1
アクセス:JR高崎信越本線群馬「八幡駅」より徒歩約40分 関越自動車道高崎ICより約30分
電話番号:090−3246−8088(NPO法人鼻高町をきれいにする会)
営業時間 :24時間
定休日:なし

エリア&駅 群馬県 高崎市 鼻高町 
カテゴリー
ABOUT US
とまと
とまと
高崎在住15年。定番グルメからちょっとした絶景スポットまで高崎の魅力ならおまかせください♪ サイトアイコンもお送りします。