近くにあったら絶対に行きたい!高崎市にある都市公園「群馬の森」

私「天気もいいし、コーヒーでも買って外でのんびりお話したいね。」

友達「じゃあ近くにちょうどいい公園があるからそこに行ってみよう。」

ということで、「群馬の森」に行くことになりました。

今回は、高崎市綿貫町にある都市公園「群馬の森」をご紹介します。

元気いっぱい身体を動かせるぽかぽか芝生

この日は土曜日。やはり、子供連れの方が多かったです。

芝生の上でのんびりピクニックをしている人もたくさんいました。

他にも、ピクニック以外にもバトミントンやキャッチボール、大縄跳びなどをしている親子がたくさんいてとても賑やかです。なんだかとても微笑ましい気持ちになりました。

今、コロナ禍で、遊具を使って遊ぶのに少し抵抗がある方もいらっしゃいますよね。

そんな方でも、芝生の上ならのんびりと家族で過ごせるので、とても魅力的です。

この芝生の上では「青空ヨガ」というイベントも開催されているそうです。

青空の下でヨガなんて、とっても気持ちよさそうですね。私も参加してみたいです。

この公園の象徴ともいえる馬の銅像です。

この銅像は「巨きな馬」というアントワーヌ・ブールデルの作品。

日本国内最大の馬の彫刻で、他にフランスに1点、アメリカに3点、韓国に1点あるそうです。

そんな馬の銅像が公園内にあるなんてすごい!!

1周1800mのコースで運動不足解消にダイエットもできます!

この公園、敷地がとっても広くて、お散歩やジョギングに最適です。

犬の散歩をしている方や、ご夫婦でお散歩をしている方などもたくさんいらっしゃいます。

公園の入り口にはこんなことも書いてありました。

1800mのお散歩ができたら、それだけで結構な運動になりますよね。

私も一周歩いてみたのですが、帰りには身体がポカポカで、良いリフレッシュができました。

園内を歩いていると、先ほどの芝生のぽかぽかの場所とは打って変わって、木が生い茂った場所があります。

鳥の鳴き声や、茂みからのかさかさとした音。まさに自然!という感じで、夏にも涼しく過ごせそうな場所でした。

運動だけでなく、歴史博物館と近代美術館で文化鑑賞もできます!

実はこの公園、園内に歴史博物館と近代美術館もあるんですよ!

お子さんと身体を動かした帰りに、少し歴史に触れてみたり、美術館で感性を養ったり、なんてこともできるかもしれません。

ちなみに歴史博物館では2月27日から「群馬のはにわ」の展示が、3月20日から5月9日まで「縄文の技」(遺跡や耳飾)の展示が行われるそうです。

大人も楽しめそうな内容です。

美術館にも様々な展示が行われているそうです。

公園に博物館に美術館に、1日いても存分に楽しめそうですよね。

群馬県産の食材を使ったメニューが魅力!

さらに園内には、レストランカフェもあります。

このカフェは近代美術館の館内にあります。

外側から見るとこんな感じです。

このレストランでは、高崎市下滝町のえばらハーブ豚を煮込んだミートソースと麺に群馬県産の小麦粉を使用したの「ミートソースパスタ」や群馬県藤岡市で作った古代米を使用したキーマカレーなど群馬県産の食材にこだわった料理もたくさんあるそうです。

もちろん、ドリンクやデザートもあるそうなので、ゆっくり座って休憩したいときには嬉しいですね。

今回私は、コーヒーを買って公園に来たので行けなかったのですが、次来たときは絶対に行ってみようと思いました。

子供連れのご家族はもちろん、ご夫婦やカップルなどたくさんの方がいて、誰でも行きやすいこの公園。

青空の下で身体を動かしたいときや、普通の公園ではものたりない!という時に、ぴったりの場所です。

あなたもたくさんの施設が揃った「群馬の森」で、休日を過ごしてみませんか。

群馬の森
住所:群馬県高崎市綿貫町992-1
アクセス:JR高崎線、上越線、両毛線、八高線、信越本線、湘南新宿ライン
上越・北陸新幹線で高崎駅下車
高崎駅東口より車で20分 無料駐車場あり
TEL:027-346-2269
開園時間:(4月~9月)7:30~18:30 (10月~3月)8:00~17:30